TOPへ戻る  >  自己破産のデメリット

自己破産のデメリット

自己破産は、なんといっても借金を免除されるのが最大のメリットです。しかしその一方で当然失うものもあります。具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まず財産を失うこと。借金を免除されながら自分の財産は保持し続けるというのは理屈に合わないもの。生活に必要な最低限の財産以外はすべてお金に替え、債権者に配当されることになります。たとえばマイホームや自動車を所有している場合は、手放すことになります。また、最終的な手続きが完了するまでは逃亡を防ぐために移住や旅行の制限が課されます。他にも最低5年間は新たな借入れができないなどのデメリットもその後の生活に大きな影響を及ぼすでしょう。安易に考えたりせず、これらのデメリットを踏まえた上で最後の手段として検討することになるのです。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 預金金利が高いネット銀行を活用しよう!. All Rights Reserved.